11/28、月曜から夜更かし、に出演いたした

Posted by ポコアポコ on 29.2016 塾生ブログ 0 comments 0 trackback
事後報告になりますが、
昨日11/28の深夜11:59(つまり本日11/29とのかわりめ)、日テレで放送の「月曜から夜更かし」(マツコデラックスさん、関ジャニの村上信五さんが司会)にて、
レガシーを調査する件の中の、「斬られ役」、という分野で、
塾生の小仁所伴紀さんと、わたくし森雄作が出演いたしました。
千葉のヒーロー、ジャガーさんとの共演です。

ジャガーさんがライトセイバーを振りかざし、
侍、というか浪人に扮した我々をバッタバッタと切り捨てる、という内容でした。
塾長の原田さんのインタビューつき!

これは必見!という内容でございました~。

時代劇をもっと盛り上げてほしい、というメッセージが込められていたように思います。
本当、そうですね!

学芸村塾_20161121
写真は、撮影後の私です。自撮りですみませーん。

(文、森雄作)

さびしくなり、にぎやかになり

Posted by ポコアポコ on 19.2016 塾生ブログ 0 comments 0 trackback
実は先週の上映回から、
正式に西山英里奈さんが当塾に参加なさっています。
なかなか運動神経のよい女子でございます。

さらに、学芸村塾が賑やかになります。うれしい~。

そして、

学芸村塾_20161119

写真は守屋さんからの差し入れの、お菓子です。
実は、守屋さん、
また学業が忙しいとのことで、しばらくお休みなさるとか。

さびしいよー。

早く戻ってきてくださーい!
(文、森雄作)

上映会、「海角七号」

Posted by ポコアポコ on 12.2016 塾生ブログ 0 comments 0 trackback
今日は、みんなで映画を観る、上映会でした。
結構めずらしい企画です。

CapeNo-7.jpg

観たのは、台湾の映画、
「海角七号 君想う、国境の南」
2009年(台湾では2008年)ですから7年ほど前に公開された作品です。

以下、Wikipedia情報です、
原題は「海角七號」で英語名は『Cape No.7』、両題名とも直訳すれば「岬七番地」。
これは「高雄州恒春郡海角七番地」という、日本統治時代の住所のことなんです。

出演者は日本出身の女優さん田中千絵さんと、台湾の俳優さん。田中さん以外は演技素人の皆さんだったそうです。これには驚きました。

今日は、お芝居のお稽古はお休み、となりましたが、
こういった時間も、良いものですね。
(文、森雄作)

2016年秋季新人募集!

Posted by ポコアポコ on 31.2016 学芸村塾とは 0 comments 0 trackback
開塾15周年!
時代劇に関心のある個性的な
16才以上の男女を募集!
 
 

講師は、東宝、東映、三船プロ、中村プロなどで時代劇を手がけ、三船敏郎(荒野の素浪人)加藤剛(蒼き狼)萬屋錦之助(破れ傘刀舟悪人狩)田中邦衞(女ねずみ小僧)等、主演俳優の時代劇をプロデュースしたは原田昇 映画プロデューサーを塾長に、映画・テレビ・舞台監督、現役俳優、殺陣師、日舞師範ら。  

今回は、現在映画製作中の「関が原」プロデューサー鍋島氏の援護熱望により、次回作の若手俳優出演者育成の強化を目的とした募集!  

時代劇も現代劇も通用する、オールマイティな訓練をしております。
・時代劇総合事務所『六真企画』と、業務提携をしています。 
・実力次第で、映画やテレビ、CM、イベントなど幅広い分野で活躍の
 チャンスが与えられる!

資格  16歳以上の健康な男女(計10名)未成年者は保護者の同意明記
締切  10月31日(消印有効)
稽古  毎土曜(13時~17時)
稽古場所 都営新宿線船堀駅
応募方法 写真(顔正面アップ・全身各1枚3ヶ月以内撮影)が入ったプロフィールを送ってください。
メール   gakugeison@gmail.com;
TEL    03-3655-1738 担当(原田) 

9/24~25、会津まつり、会津藩公行列

Posted by ポコアポコ on 25.2016 塾生ブログ 0 comments 0 trackback
会津若松、会津まつり。
当塾から、小仁所伴紀、森雄作、が参加、出演いたしました。

幕末の会津藩士ゆかりの祭り、そして、ドラマ八重の桜とつながる催しでした。
名物は藩公行列です。

さらに、「いくからなし」とおっしゃっていた、主演の綾瀬はるかさんもお見えでした~!
綾瀬さん、路上パレードのときも、観衆ひとりひとり(は実際不可能なので、そう見えるほど)目を合わせて会津弁を交えて挨拶なさっていました。地元の方々に愛されるわけですよね。

ちなみに、自分たちは、そのパレードの前に、路上で立ち回りを披露いたしました。
会津藩、福島、郷土の誇り、感じます。
参加できて幸せだなし!
(文、森雄作)

会津まつり0924-25_8
(上の写真は右から、新政府方棟梁役の中村さん、中野竹子役の月野原りんさん、左端が私)
 HOME