7月11日土曜日稽古日誌

Posted by ポコアポコ on 12.2010 塾生ブログ 0 comments 0 trackback

 11日土曜日の稽古は、時代劇の映像演技です。時代劇の映画のワンシーンを、本格的に再現し、キャメラで撮り、分析するという作業です。

 本読みをじっくりしてから、立ち稽古に入り、本番(撮影)に入ります。
わきあいあいとした雰囲気で進んでいきますが、やはり予習(役作り)が大事です。

 こちらの稽古も当然、基本となることは、きちんとした着付けと所作にあると思います。
時代劇なので、現代人の動きとは全く違ってくるし、士分(武士)や町人、農民でもそれぞれ生活様式に違いが多いので、そういう制約を研究した上で役に活かすことが必要になるのだと思います。

 それが、なかなか難しい・・・。普段から、浴衣や着物、雪駄等を身につけておくことも大切なことです。
と言いながら、買ったばかりの浴衣と雪駄を履き、駅の階段でずっこけてしまいました(汗
周りの方に、「大丈夫ですか」と声を掛けられてしまう始末・・・。
まだまだ、勉強が足りません 笑。

 




 
 HOME